教育費どうする?

子ども達が高1と中1になりました。 教育費にかかった費用の記録や大学進学に関する情報、プチ収入などについて書き留めています。

大学入学時にかかる費用

高1の長女がこの春入学した高校は、公立の進学校で、ほとんどの生徒が大学に進学します。

長女自身も中学生の時から、4年制大学への進学を希望しています。

我が家の経済事情を考えると、できれば自宅から通うことのできる国公立大学に進学して欲しい。私立大学に通うことになれば奨学金を利用するようにと伝えてあります。

 現時点で長女が希望する大学の入学時にかかる費用について、国立大学、私立大学それぞれ計算してみました。

 入学時にかかる費用(国立大学に進学した場合)

大学受験案内2019年度用参照)

 

 入学金 28万2000円
 年間授業料 53万5800円
  初年度納入額 81万7800円
 交通費 32万2440円
     合計 114万240円

 

※公立大学に関しては大学によって多少金額が異なりますが、概ね国立大学と同じくらいの金額となっています。また、施設費などが別途必要な大学もあるようです。

 

また、入学時には教科書の購入や入学式に着るスーツ代などの費用も必要となりますので、最低でも150万円くらいは用意しておく必要がありますね。

交通費に関しては現時点での第一希望の大学のケースで計算してみました。定期代を調べて月払いの金額で計算しているので、半年払いなどにして費用を抑えたいものです。

 

入学時にかかる費用(私立大学に進学した場合)

 (大学受験案内2019年度用参照・文系学科の場合)

入学金 27万円
年間授業料 75万8000円
施設費ほか 12万7500円
初年度納入額 115万5500円
交通費 31万2360円
    合計 146万7860円

  

※私立大学に関しては大学、学部学科によって金額が大きく異なります。上記の金額は我が家の長女が希望する大学、学部における金額です。

 

補足

上記の私立大学の理科系学部の年間授業料を調べたところ、98万9000円でした。

入学金の額は変わりませんが、施設費などは文系学部と比べて高額になる傾向です。

 

交通費に関しては、定期代の金額が調べられなかった交通機関があるため、もう少し費用が抑えられると思います。

 

こうして金額を計算してみると、国立大学と私立大学とで費用に大きな差はないようにも思えますね。我が家の場合、国立大学に通う方が交通費がかかる計算になっているので、大学選びは立地条件も重要な要素となりそうです。