教育費どうする?

子ども達が高1と中1になりました。 教育費にかかった費用の記録や大学進学に関する情報、プチ収入などについて書き留めています。

大学入試に必要な費用

長女の高校入試にかかった費用の総額受験料・滑り止め私立高校の入学前納金)は約5万円でしたが、大学入試は受験する学校の数も多くなり、かなりの金額になるみたいです。

 国公立大学入試にかかる受験料

2017年度の国公立大学の受験料は以下の通りです。

センター試験(3教科以上)  18000円
2次試験(2校受験の場合・平均)  34000円
            合計  52000円

私立大学入試にかかる受験料

私立大学の受験料1校につき平均約35000円だそうです。4校受験すると14万円ということになります。長女の高校では、30校ほど受験して受験料が100万円程度かかった先輩もいるそうです。

できる限り受験する数を減らしたいものですが、浪人をさせるつもりはないので、悩ましいところです。

 

私立大学入試の受験料の調べ方

各大学の入試情報サイトで調べる

私立大学ではセンター試験利用入試AO入試など様々な入試方法を用意しているので、入試方法についても検討する必要があります。入試方法によって受験料も異なります。

各大学では大学の案内用のサイトとは別に、入試情報に特化したサイトを用意している場合が多いので、そちらもチェックするようにしましょう。

長女の場合、第一志望が国立大学なので、センター試験利用入試を上手に利用していきたいと思っています。

 

「大学受験案内」ガイド本で調べる

大学・短大・専門学校などの学校選びのための、分厚い分厚いガイド本が毎年発刊されています。こちらの本には各大学ごとの受験料についての情報も掲載されています。

大学受験案内2019年度用

大学受験案内2019年度用

 

 

受験生の必需品だと思います。早い時期に購入されることをお勧めします。

 

受験料以外に必要な費用

入学申込金

受験料以外で必要なお金として、「入学申込金」を忘れてはいけません。

第一希望の大学に一番最初に合格していれば問題はないのですが、併願校があり本命の大学の合否がわかっていない時には、入学金相当額の入学申込金を納めて3月下旬まで入学手続きを延長することができます。なお、入学申込金は入学手続きを完了すれば、入学金に充当することができます。

入学申込金の支払い期限も確認しておいた方がよいですね。

入学申込金は平均で約25万円ほどとのことです。こちらも高校とは桁が違いますね。

 

交通費

何校も受験する場合、交通費も馬鹿にはなりません。

交通手段や経路、交通費のチェックも忘れないようにしましょう。