教育費どうする?

子ども達が高1と中1になりました。 教育費にかかった費用の記録や大学進学に関する情報、プチ収入などについて書き留めています。

クラウドソーシングでプチ収入

わたしは週4日パートで働いていますが、仕事量には若干波があります。

子ども達が大きくなるにつれて働くことのできる時間は増えているのですが、

働きたいのに仕事がない時期があったりします。

わたしのパート先は副業を禁止していないので、

昨年よりクラウドソーシングでプチ稼ぎを始めました。

 

クラウドソーシングとは

クラウドソーシングとは、企業や個人がサイト上で仕事を発注し、その募集を見た不特定多数の人が応募を行い契約が成立すれば仕事を受注するというビジネス形態を言います。

アンケート回答、イラストデザイン、記事のライティング、翻訳、校正などの仕事内容があります。

わたしは、現在記事のライティングを行っています。

 

クラウドソーシングサイトについて

クラウドソーシングのサイトにはランサーズ、クラウドワークス Bizseek などなどたくさんのサイトがあります。

正直どこのサイトがよいのかよくわからなかったので、募集されている仕事内容を見てクラウドワークス に登録することにしました。

 

ほかのサイトを知らないので比べようがありませんが、特に問題なく利用しています。

たくさんのサイトを登録しなくても、どこか1つだけ選んで登録すれば良いと思います。

 

仕事内容について

登録して最初に行ったのはアンケートへの回答でした。

報酬は1回答2円〜200円弱くらいだったので、これでは効率が悪いと思い、

少しずつ報酬額が高い依頼を探すようになりました。

旅行先の写真を投稿する仕事が約500円、入浴剤のモニターが約1700円など、

少しずつ単価はあがってきましたが、継続してできる仕事を探すことにしました。

 

文章を書くのが好きだったことと、パート先でホームページの更新やSNSへの投稿などの経験があったので、以前から憧れていたライティングの仕事を始めることにしました。

最初に契約したのは猫に関するまとめサイトの記事作成でした。

興味のある内容で文章も書きやすかったのですが、文字単価が0.5円で2000文字書いても1000円にしかならず、時給換算すると馬鹿馬鹿しくなって3ヶ月ほどでやめてしまいました。文字単価の低い仕事は容易に受けないようにした方がよいと思います。

その後文字単価1.5円のライティングを見つけ、内容が今の仕事に関係するものだったこともあり、現在まで半年ほど続けています。

クラウドソーシングの報酬について

現在継続している文字単価1.5円の記事作成は、下調べや画像の指定、キーワードを入れる数などが決まっていて、完成までかなりの時間を要します。

時給換算するとパートのお給料の足元にも及ばず、

時々やめてしまおうかと思うこともあります。

しかし、校正してもらうことにより文章を書く練習になっていると感じることと、

毎月対応可能な文字数を聞いてもらえるので、無理のないように続けようと思っています。

少ない月には3000円くらいの報酬ですが、2万円を超える月もあり、

教育費の足しになればよいなと思っています。