教育費どうする?

子ども達が高1と中1になりました。 教育費にかかった費用の記録や大学進学に関する情報、プチ収入などについて書き留めています。

私立大学や短大、専門学校に進学する場合の費用

次女の進学先として、学力的に国公立大学は少し難しいかなと感じています。

私立の4年制大学、短大、もしくは専門学校という選択肢を考えています。

4年制の私立大学に進学する場合の費用

私立大学の入学時に必要な費用を計算したところ約150万円かかり、

このうちの140万円ほどは「低解約返戻金型終身保険」で準備をしています。

2年目以降の授業料、施設費等、交通費をざっと計算すると約360万円。

入学時に必要なお金の不足分10万円を足すと、370万円!

長女の分の学費を貯めながら準備するのはどう考えても無理そうです。

子ども2人を4年制大学に進学させると、本当にお金がかかりますね。

奨学金を利用する可能性が高くなってきました。

私立短大に進学する場合の費用

私立短大に進学する場合には、授業料、施設費等、交通費が2年分で済むので、

単純に計算すると必要な金額は合計約267万円です。

準備してある140万円を差し引くと127万円の不足。

我が家は2人が同時に大学生の期間が1年だけなので、

これならば、何とか用意できるかもしれません。

専門学校に進学する場合の費用

専門学校の場合も学費は私立大学とほとんど変わらない金額が必要なようです。

学科によって、2年制、3年制、4年制があるようなので、

この違いによって用意する金額が大きく異なります。

昨年は長女の塾代の支払いに苦しみ、家計のスリム化を図りました(保険・通信費の見直し)。

今年1年、スリム化した家計でどれぐらい教育費貯金ができるのかが勝負の分かれ目になりそうです。