教育費どうする?

子ども達が高1と中1になりました。 教育費にかかった費用の記録や大学進学に関する情報、プチ収入などについて書き留めています。

2020年新大学入試について

長女が大学受験をする2020年度から、大学入試制度が大きく変わります。

入試の仕組みや求められる学力が変わることになるため、情報の収集がとても重要となります。新大学入試の重要なポイントをまとめてみました。

 

センター試験から「大学入学共通テスト」に

国公立大学一般入試の志願者全員に原則として受験が求められている「大学入試センター試験」が、「大学入学共通テスト」に変わります。

共通テストでは、マーク式問題のほかに、国語と数学で記述式問題も課されるようになります。

 

英語4技能を重視

共通テストの英語では「聞く」「読む」力を測るマーク式問題が出されますが、さらに、英検やTOEICなどの民間の「資格・検定試験」を活用して「聞く」「読む」「書く」「話す」の英語4技能が評価されます。

国立大学では、共通テストの英語と、資格・検定試験の両方を受ける方針が出されています

資格・検定試験は、高3の4月から12月までに受験した成績が大学入試センターを通じて受験する各大学に通知されます。

また、私立大学においても、資格・検定試験のスコアが出願要件として課されたり、合否判定時に活用されるケースが増えています

 

学力試験に加え、調査書も重要視されるように

従来の大学入試では、調査書は主に推薦入試やAO入試において評価の対象となっていましたが、新大学入試では、一般選抜においても調査書が今まで以上に評価されることになります。

調査書の様式も今までの活動履歴や資格・検定などの成果が詳細に記載できるように変わります。

日頃の活動をポートフォリオ(個人の活動記録)として蓄積していくことが求められており、長女の高校でもスマートフォンのアプリを導入して、ポートフォリオの蓄積を義務づけています。