教育費どうする?

子ども達が高1と中1になりました。 教育費にかかった費用の記録や大学進学に関する情報、プチ収入などについて書き留めています。

英語の資格・検定試験

2020年度から始まる「新大学入試」では、「聞く」「読む」の2技能を評価するこれまでの大学入試から、「書く」「話す」を加えた英語4技能を評価する入試へと変わります。

f:id:snowterrain7:20180729145849j:plain

民間の資格・検定試験を大学入試に活用するケースが増えており、コミュニケーションを取る手段としての実用的な英語力が求められるようになってきています。

 

国立大入試において資格・検定試験の受験が必須に

国立大を受験する場合は、従来のセンター試験同様の「聞く」「読む」力をを測るテストに加えて、4技能の力を測る資格・検定試験の受験が必須となります。

また、私立大入試においても、資格・検定試験のスコアが合否判定時に活用されるケースが増えています。 

要件を満たしている資格・検定試験

大学入試英語成績提供システム参加要件を満たしていることが確認されている資格・検定試験が2018年3月に公表されました。

 

・ケンブリッジ英語検定

・実用英語技能検定(英検)

・GTEC

・IELTS

・TEAP

・TEAP CBT

・TOEFL iBT

・TOEIC

 

住んでいる地域によっては受験会場が近くにない試験もあるようで、どの民間試験を受験するのか、またどの時期に受験するのか悩ましいという話を高校の先生から伺いました。

 

大学入試に利用されるのは、高3の4月から12月に受験したスコアとされていますが、早い段階から4技能を身につけるための学習計画が必要となってきています。