教育費どうする?

子ども達が高1と中1になりました。 教育費にかかった費用の記録や大学進学に関する情報、プチ収入などについて書き留めています。

奨学金制度について

学生に対する貸与奨学金事業などを行っている「日本学生支援機構」では、学生の2.7人に1人が同機構の奨学金を受給していると公表しています。今や、奨学金を受給することが特別なことではない時代にあると言えます。

 

 

日本学生支援機構の「第一種奨学金」

日本学生支援機構の「第一種奨学金」は、利息が付かない貸与型の奨学金です。

 第一種奨学金の対象となる学校

大学院・大学(学部)・短期大学・高等専門学校・専修学校(専門課程)

進学前に第一種奨学金を申し込む場合の基準

学力基準・・・申込時までの高等学校等での成績が5段階評価で3.5以上

家計基準(4人世帯の場合)・・・申し込み時の家計(年額)が、給与所得世帯は747万円以下、給与所得以外の世帯は349万円以下(所得)

この基準に満たなくても、住民税(市区町村民税所得割)非課税世帯・生活保護受給世帯の生徒、または社会的養護を必要とする人(児童養護施設の入所者等)は申し込みが可能です。

第一種奨学金の月額貸与額

第一種奨学金を借りることができる金額は、学校の種類や通学形態、入学年度によって異なります。

国公立大学に自宅から通う場合の最高月額は4万5000円で、自宅外から通う場合には最高月額は5万1000円となります。

第一種奨学金を返す方法

第一種奨学金を返す方法は2通りあります。

学生時代に借りた金額に応じて、自動的に月額が決定する「定額返還方式」と、年収に応じて返す月額が決定する「所得連動返還方式」のいずれかから選択することができます。

日本学生支援機構の「第二種奨学金」

日本学生支援機構の「第二種奨学金」は、利息が付く貸与型の奨学金です。

 第二種奨学金の対象となる学校と月額貸与額

対象:大学院・大学(学部)・短期大学・高等専門学校の4、5年生・専修学校(専門課程)

貸与金額:2万円〜12万円まで、1万円単位で貸与月額を選ぶことが可能です。大学院の場合は、選ぶことのできる貸与月額が異なります。また、増額が可能なケースもあります。

進学前に第二種奨学金を申し込む場合の基準

学力基準・・・申込時までの高等学校等での成績が学校の平均水準以上、もしくは特定分野で特に優れた資質能力がある場合、または大学などで学修意欲があり、学業を確実に終了できる見込みがある場合

家計基準(4人世帯の場合)・・・申し込み時の家計(年額)が、給与所得世帯は1100万円以下、給与所得以外の世帯は692万円以下(所得) 

第二種奨学金の利率

第二種奨学金の利率は、平成29年3月の時点で、利率固定方式の場合は0.33%、利率見直し方式の場合は0.01%です。

第二種奨学金を返す方法

第二種奨学金を返す方法は2通りあります。

貸与終了時に決定した利率が返還完了まで適用される「利率固定方式」と、貸与終了時に決定した利率を概ね5年ごとに見直す「利率見直し方式」の2つから選択することができます。

 

日本学生支援機構の奨学金には、経済的理由により進学が困難な生徒が対象となる、返済の必要がない給付型の奨学金も用意されています。

その他、民間の奨学金や各学校独自の奨学金などの様々な奨学金があるので、早い段階から奨学金制度について調べておくことをおすすめします。