教育費どうする?

子ども達が高1と中1になりました。 教育費にかかった費用の記録や大学進学に関する情報、プチ収入などについて書き留めています。

高校生のお小遣いの金額

高校生の長女に「お小遣いが少ないから増やして欲しい」と言われています。

中学生の時は部活ばかりでお金を使う時間がなかったのですが、高校では活動時間の少ない部活に入ったことと、行動範囲や交友関係も広がったことで、お小遣いが全然足りていないようです。

高校生のお小遣いの平均額

2017年2月22日の「日本経済新聞」朝刊によると、全国の高校生3153人に”生命保険文化センター”などがアンケートを行ったところ、高校生のお小遣いの平均額は月4944円だったそうです。

我が家の娘のお小遣いは月3000円なので、平均を大きく下回っていますね。

お小遣いをもらっている生徒は全体の75.8%で、お小遣いの金額の中央値は高校1年生で月4500円高校2、3年生で月5000円だそうです。

 

高校生のお小遣いの使い道

SMBCコンシューマーファイナンスが都内の高校生に行ったアンケート結果によると(マネー感/ビンカンステーション参照)

1位:「飲食」35.5%

2位:「趣味」29.3%

3位:「娯楽(カラオケ、ゲームなど)」16.1%

 

「ファッション、美容」は女子高校生だけを見てみると、娯楽と順位が入れ替わって3位となります。

文具やスマホの通信代などは、お小遣いとは別に支払うことが多いようです。

我が家の場合は、ファッション、美容に関するお金は家計から出しているので、2年生になったら、ファッション、美容費込みで5000円のお小遣いにしてみようと思っています。