教育費どうする?

子ども達が高1と中1になりました。 教育費にかかった費用の記録や大学進学に関する情報、プチ収入などについて書き留めています。

教育費貯金見直し

塾代の足しにとプチ収入をコツコツ貯めてきた教育費貯金が、もうすぐ10万円に届きそうです。

 

www.petit-shuu.com

長女の高校受験時にかかった塾代37万円分を次女用に貯めることを目標としていましたが、長女の大学受験時の塾代を考慮していなかったため、目標額を見直すことにしました。

37万円の中には月々の授業料も入っているのですが、月々の授業料は月の収入から支払うことにしました。

事前に貯めておくのは夏期講習などの季節講習費用分とします。

次女の高校受験塾代(夏季・冬季講習分)

長女の時にかかった費用13万円を予算とします。

上限を決めて、この金額に収まるように受講する予定です。

 

長女の大学受験塾代(夏季・冬季講習分)

夏季・冬季講習合計20万円

子供の塾選びをサポート「塾シル」の

”高校生の塾の料金はいくらかかる?月謝や季節講習費の相場とは”

という記事を参考にさせてもらって出した金額です。

W受験季節講習費予算

長女・次女合わせて33万円

今まで通りプチ収入を入金することと臨時収入も入金、次女の児童手当も一部入金することにします。

おそらく3年生になるまでに達成できると思われるので、達成後は受験料貯金にシフトします。

塾代は際限がないので、予算の上限を決めて受講数を決めることにしています。

3年生になった時点の成績次第では塾なしもありかなと思っていますが、なかなか難しいかな。