教育費どうする?

子ども達が高1と中1になりました。 教育費にかかった費用の記録や大学進学に関する情報、プチ収入などについて書き留めています。

英語の外部検定について

長女の高校から、新入試における英語の外部検定についてのお知らせがありました。

長女が大学受験をする2020年度から新入試が始まり、文科省から英語の外部検定を受験資格として取り入れるべきであるという方針が発表されています。

高校3年時の4月から12月の間に受験した2回の検定のスコアが大学入試に利用される

大学入試センターから付与されたIDを外部検定受験時に記入すると、センターを通じて受験大学にデータが提供されるそうです。

 大学によって活用方法が違う

英語の外部試験の活用方法は大学によって異なり、大きく3つに分けられます。

 ①受験必須で、受験資格として利用

②受験必須で、スコアによって加点

③外部検定は受験しなくてもよい

 受験資格+加点というケースも考えられます。

文科省の方針により、ほとんどの国公立大学では外部試験を利用することになると思われますが、東京大学は2020年度の入試においては、外部検定を受験しなくてもよいという方針を打ち出しています。

CEFR(語学力のレベルを示す国際標準規格)

英語の外部検定はCEFR(セファール)という英語の国際指標に読み替えられて、それぞれの資格ごとにランクが示されています。

A1:英検3級相当

A2:英検準2級相当

B1:英検2級相当

B2:英検準1級相当

C1:英検1級相当

C2

外部検定を受験資格として利用する大学は、A2以上を求める大学が多そうとのことです。

高校でも外部検定対策の授業が1年時からあるみたいです。高校の授業の内容と検定の試験範囲とが異なるため、高校の先生もどの検定試験を受験させるのか迷っておられるらしく大変ですね。

今の長女には外部検定の勉強をする余裕は全くなさそうなので、とっても不安です。

とは言っても、長女は今の所国公立大学を受験する予定がないので、受験には直接必要はないのかもしれないのですが。 私立大学でもスコアが加算される大学があるようなので、もう少し詳しく調べてみようと思います。