教育費どうする?

子ども達が高1と中1になりました。 教育費にかかった費用の記録や大学進学に関する情報、プチ収入などについて書き留めています。

【中1数学】マイナスにつまずく

次女の2学期末テストが始まりました。

木曜日に英語、社会、体育が終わり、連休明けの月曜日には国語、数学、理科のテストが行われます。

長女の時の定期テストは全て取ってあるので、テスト直前に解いておくようにと渡しています。過去問が手元にあるのなら、完璧にできるまで繰返し解いたらよいだけの話だと思うのですが、次女はなかなか手をつけようとはしません。しつこく言ってようやく数学の過去問が終わりました。

答え合わせをしたところ、明らかに中間テストよりは理解できているような感じです。どうか今回こそは平均点を越えられますように。

中間テストでは正の数・負の数の計算が範囲に入っていて、次女は負の数の計算をことごとく間違っていました。「マイナス×マイナスはプラス」などの決まりを覚えて当てはめたらよいだけだと教えるのですが、理解できないものは覚えられない!と完全にパニックです。結局マイナスの計算をクリアできないままテストを迎え、結果は散々でした。

期末テストは、「方程式」と「比例とグラフ」が範囲となっていて、この単元はある程度理解ができているようでした。ただし、マイナスの数字が出てくると正答率がぐんと下がり、未だ理解できていないようです。

中学数学において「マイナス」の概念が理解できずに落ちこぼれる子はとても多いみたいですね。

期末テストが終わったら、再びわからないをわかるにかえる中1数学で復習するようにしたいと思います。