教育費どうする?

子ども達が高1と中1になりました。 教育費にかかった費用の記録や大学進学に関する情報、プチ収入などについて書き留めています。

メイクにはまる

中1の次女はメイクに興味があるようで、お小遣いから少しずつメイク道具を買い足して楽しんでいます。

わたしの時代だったら「中1でメイクなんて不良だ」と言われそうですが、今の子はごく普通の子でも早い時期からメイクをしている子が結構います。

超真面目な子が多い長女の高校でさえも、休日だとがっつりメイクしている友達も何人かいるみたいです。

長女曰く「社会に出たらメイクをしていないと失礼だと言われるのに、高校でメイクが禁止されているのはおかしい」とのこと。急にはメイクは上手くならないので早いうちから練習しておいた方が良いそうです。まあ一理ありますね。

そんな二人はお年玉でメイク道具をたくさんお買い物していました。完全にわたしが持っているメイク道具の数よりたくさん持っています。

中高生がメイクをすると妙にリップが赤かったり違和感があることが多いのですが、次女のメイクはナチュラルでなかなかいい感じだと思います。近くでよく見ると目の上が少しキラキラしていたり、淡いピンクのグロスも塗っているかどうか分からないぐらいだけど艶やかに仕上がっていたり・・・

先日は長女が次女にメイクの方法を教えてもらっていました^^;

次女は高校を出たら大学ではなくメイクの専門学校に通おうかな、と思い始めたみたいです。勉強が嫌いならば大学よりも専門学校の方が向いているかもしれません。メイクの専門学校だったら2年制の所が多いので、大学に4年間行く場合の半分ほどの学費で済むというのも魅力的ですね。