教育費どうする?

子ども達が高1と中1になりました。 教育費にかかった費用の記録や大学進学に関する情報、プチ収入などについて書き留めています。

QGS(クォーターグリッドシステム)での家計管理

結婚して以来欠かさず家計簿を書き続けていますが、家計管理は上手くいかず、なかなか貯蓄が増えません。

主人の2度の転職で収入が減ったり、事故に遭って働けない期間があったりなどという事態に上手く対応しきれず、貯蓄をどんどん取り崩してしまったという苦い経験を経て、今度こそ待ったなしで家計を立て直さなければならない時期にいます。

ここ2・3年自転車操業を続けてきましたが、ようやく少しずつ貯蓄に回せる状態になってきました。 

いつも無料動画で勉強させてもらっているマネーセンスカレッジでは、手取り収入を4分の1ずつに分けて管理する「クォーターグリッドシステム」を推奨しています。

固定費、変動費、自己投資、貯蓄・投資の4項目をそれぞれ25%ずつに振り分けて家計管理をしていくのがおすすめということで、家計簿の記録を参考にして我が家のそれぞれの項目を計算してみました。

我が家の家計配分(2018年)

・固定費 23.61%

・変動費 40.08%

・自己投資 21.38%

・貯蓄・投資 16.64%

変動費の割合が大きく、貯蓄・投資に回せる額が少なくなっています。投資に関しては我が家はまだ投資に挑戦できるだけの蓄えがないため、楽天ポイントでのポイント投資のみ利用しています。

変動費が多い原因は、主に光熱費と車のガソリン代だと思われます。

わたしの車を普通車から軽自動車に乗り換えたので、ガソリン代は減らせる見込み。光熱費に関しては特に暖房システムを見直さなければと思っています。子どももそれぞれ個室にいる時間が長くなり、電気代が恐ろしいことになっているので・・・

大切なのは、貯蓄・投資額をきちんと25%確保すること!ということで、月々の予算繰りを調整している最中です。

マネーセンスカレッジの動画おすすめです。決してマネーセンスカレッジの回し者ではございませんのでご安心を。


【QGS1】家計の支出管理が誰でも簡単にできるシステム”QGS”【きになるマネーセンス#63】