老後資金2000万円必要

金融庁の試算によると、公的年金だけでは夫婦で毎月約5万円の赤字が発生し、約2000万円を自己資金で用意する必要があるとのことです。

年金制度がもはや破綻していることは薄々分かってはいたけれど、改めて国から発表されると、何だか不安な気持ちになりますね。

 

しかも、現役世代には少額でも分散型の投資を、などという提案がされており、国としての対策を先に発表するべきではないの・・・というのが正直な気持ちです。

 

老後資金に2000万円、長女の大学授業料に500万円、次女の専門学校に300万円ということで、我が家の場合は老後資金と教育費で少なくとも2800万円もの自己資金が必要ということになります。

これでは、少子化が進み、財布の紐が固くなるのも当然ですね。

長女が「自由に使えるお金が少なくなるから結婚も出産もしない」と言うのは、私がいつも「教育費が高すぎる」と文句を言ってるからに違いないと思います。

 

私は老後資金については、出来るだけ月に5万円もの赤字が出ない生活を送るように心がけようと思っています。

今でも教育費優先で、自分の楽しみは後回しにした生活を送っているので、切り詰めた生活はもはや当たり前になっています。

私たちが年金を受給する頃の所得代替率がどれぐらいまで下がっているのかは不透明なので、できる限り自己資金を用意しておこうとは思いますが。

しかし単純に半分にすればよいという訳ではありませんが、夫婦で2000万円不足ということは1人当たり1000万円の不足ということ。

ねんきん定期便を見ている限り、少なくともそれぐらいは必要なのではないかとは思っていました。

不透明なりにも自分の場合はいくらぐらい足りなさそうなのかを計算しておくことは必要ですね。

 

↓ ランキングに参加中です♪宜しければポチッとお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村