勉強に対するご褒美はあり?なし?

勉強のやる気アップのためのご褒美はありだと思いますか?それともなしだと思いますか?

 

我が家のご褒美制度

わたし的には自分のための勉強なのに、何でご褒美あげなきゃいけないのというのが本音です。ところが主人はご褒美制に積極的で、自分で設定した目標が達成できた時にはご褒美を与えています。

 

ご褒美制度で成績を伸ばしたのが長女です。「定期テスト何点以上でCD1枚」から始まり、今ではイベント遠征代全部持ちなど結構な金額のご褒美をもらっています。行き過ぎたご褒美だと思うし、将来のお金の使い方にも影響しそうなのですが、主人に言っても聞き入れてはくれません。

なので、長女のほうにあまり高額なご褒美は設定しないように言っています。

 

長女の場合は勉強が苦痛でなく、中学時代はやればやるだけ成績が上がっていったので「これでご褒美がもらえるならば喜んで」といったところでしょうか。

 次女の場合は、勉強時間をかけてもすぐには結果に反映されないので、最初から諦めてご褒美制に参加しようともしません。

 

ご褒美に関するハーバード大学の研究

ハーバード大学の経済学者ローランド・フライヤーが約3万6000人もの生徒に大規模実験を行った結果、ご褒美を「結果」に対して与える場合と「行動」に対して与える場合とでは「行動」に対して与えるほうが学力を上げる効果があったというのです。

「100点取ったら」など結果に対してご褒美を与える場合には、ご褒美をもらえるまでに時間がかかります。一方「宿題を終わらせる」や「問題集を何ページ解く」など行動に対してご褒美を与える場合にはすぐにご褒美をもらうことができ、子どもにとっては有効なのだそうです。

「行動」に対するご褒美を与えることで、勉強の習慣を形成することができるということなのでしょうね。

 

「行動」にご褒美をあげる方法ならば、我が家の次女にも取り入れられる気がします。

ご褒美はちょっとしたことでよいそうなので「問題集何ページやったらジュース1本」など、たまにはやってもいいかなと思います。

 

↓ ランキングに参加中です♪宜しければポチッとお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村